フィンペシアのまとめ

【何が違うのかな?】先発のプロペシアと後発のフィンペシアの違いをまとめてみた

プロペシアとフィンペシアの違い

プロペシアとフィンペシア

プロペシアは、薄毛治療の第一選択薬でもある日本初の「内服タイプ」の発毛剤です。

それまで治療は「ほぼ不可能」と言われていた「男性型脱毛症(AGA)」に大きな希望をくれた商品と絶賛する声もあります。

薄毛に悩む何万人もの男性の「救世主」のような存在になったのが、プロペシアなのです。

で、これからプロペシアの服用を始めようとしている方や、今現 服用されている方の中にも「フィンペシア」という商品の名前を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

フィンペシアは、インドの大手製薬会社(シプラ社)が 製造販売する「プロペシアのジェネリック医薬品」になります。

※ジェネリック医薬品とは、新薬の特許の有効期限がきれた後に、販売される「後発医薬品」のこと

 

先発薬と「同じ有効成分」で、同様の効果が期待できるのに「価格が安い」ことがジェネリックの特徴であり「大きなメリット」になります。

 

フィンペシアは、プロペシアのジェネリックなので、同じ育毛・発毛効果が期待できるのに、価格がすごく安いことから使用されている方も多くいるワケですね。

国内では、ファイザー社が「フィナステリド錠」というジェネリックを販売していますが、フィンペシアは その価格よりも、さらに安く購入できます。

ただ、国内での販売はないため「個人輸入代行サイト」を通し「通販」で購入するしかないのですが、それでも プロペシアからフィンペシアに切り替える人も増えているようですね。

 

\ メーカー純正品&送料無料 /

フィンペシアを通販で見てみる

 

成分に違いはあるの?

主成分はどちらもフィナステリド

プロペシアとフィンペシアの有効成分は「フィナステリド」という成分になります。

フィナステリドには「男性型脱毛症(AGA)」の原因とされる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの働きを抑える効果(作用)があります。

※5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害することにより「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制するという作用を持っています

 

プロペシアは、アメリカのメルク社(MSD社)が製造販売する発毛剤(日本国内でもMSD株式会社が販売)で、1錠あたり フィナステリドを「0.2mg」含む商品と「1mg」含む商品があります。

対して フィンペシアは、インドのシプラ社(Cipla)という大手製薬会社が製造しており、こちらは フィナステリドを「1mg」含有した商品しかありません。

 

1mgの方が当然効果は大きく、0.2mgの商品は「初期」のAGAの方に勧められるようですが、基本的には「1mg」が一般的な薄毛治療薬になっているそうです。

フィンペシアも「ピルカッター」などで、4分割、5分割とすれば、代わりとすることができるという声もありますが、カットすること自体に賛否あるようです。

 

添加物の違い

医薬品には、コーティングするため、飲みやすくするための「添加物」が含まれていますが「先発医薬品」と「ジェネリック医薬品」の違いがあるのは この点になります。

中には、この添加物の違いによって、お薬の「効果」そのものも変わるという医師(専門家)の意見もあるようです。

そこで、プロペシアとフィンペシアの違いをネットで調べてみたのですが、残念ながら フィンペシアの「全成分」を検索する事は出来ませんでした。

シプラ社の公式サイト(英語)も見たのですが、医薬品の成分は見つかりませんでした…。

フィンペシアの説明書なども記載はなく、箱には着色料のみ書いてありましたが、添加物 全てを比較する事は現状 専門家でない限り無理そうですね。

※フィンペシアの添付文書はネット上にはないようです

 

プロペシアと同じ着色料:酸化チタン(titanium dioxide)が使用されている

※プロペシアと同じ着色料:酸化チタン(titanium dioxide)が使用

 

ちなみに、プロペシアは添付文書(PDF)があるので、ネットでも確認する事が出来ます。

添付文書に書かれている添加物は、次のようになっていました↓

プロペシアの添加物成分表

酸化チタン、結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク

 

また、以前まで販売されていたフィンペシア(旧タイプ)には「キノリンイエローWS」という着色料(タール:黄色203号)が使用されていました。

この成分に一時期「発ガン性」があると一部で噂になっていたのですが、実際には フィンペシアのように毎日服用するお薬でも、コーティング剤として「極微量」の場合は問題ないとされています。

ですが 当時は、この成分を嫌ってフィンペシアを購入しない人もいるほどだったみたいですよ。

現在の通販(個人輸入)で購入できるフィンペシアには、キノリンイエローは入っていないため、少しでも不安に感じていた方は安心出来ますね。

 

プロペシアとフィンペシア「効果・副作用」にも違いはあるの?

プロペシアとフィンペシアの主成分はどちらも「フィナステリド」なので、基本的な「効果」や「副作用」に違いはないとされています。

もちろん、上で紹介したように「添加物」が異なる(おそらく)ため、人によっては効き目が変わるということはあるかもしれませんが、それはフィンペシアだけに限ったことではありません。

 

最近は SNSやネットが当たり前になり、情報が手に入りやすくなったことからも、フィンペシアを個人輸入で購入している人が すごく増えているようで、口コミも多くなっていますね。

口コミを参考にするのであれば、効果もちゃんとでている人が多いので、プロペシアが効くタイプの人は、フィンペシアにも効果が期待できるかと思います。

 

正直、どちらが効くのか(効果があるのか)ということについては、有効成分が同じ(含有量も同じ)である以上、専門家でもわからないのではないでしょうか。

もちろん、フィナステリドを使用している以上「どちらも効果はある(作用がある)」と答えてくれるでしょうが、どっちが良いという判断は出来ないかと…。

ただ 個人輸入を利用した場合、もしも 効果がなかなか実感できなかった時に「偽物なのでは?」など、不安になることもあるかもしれませんね。

※個人輸入を利用して思ってたような効果を実感できなければ結局、商品が偽物なのでは?という解決方法しか、自分を納得させられなくなりますよね

 

その時はフィンペシアをやめて、プロペシアを服用してみるのもいいかもしれません。

プロペシアで効果が実感できれば、フィンペシアにこだわる理由は「価格」しかないワケですから。

ちなみに、クリニックに通うのが嫌な方でも、プロペシアも「個人輸入」で通販できるので、病院やAGAクリニックに通わなくても購入する方法はありますよ。

 

\ 海外製は価格が安い /

プロペシアを通販でチェックする

 

ただ、フィナステリドの効果は、最低でも「3ヶ月以上」平均して一般的には「6ヶ月以上」は経過をみないと、効果があるか、効果がないかも、分からないと言われているので、あまり焦りすぎないように気をつけましょう。

口コミの中には「すぐに効果が出た!」という方もいますが、ヘアサイクルの周期を考えても 上記の期間くらいは、継続が必要とされています。

 

また、フィンペシアの「副作用」についても、効果と同様のことが言えます。

基本的にはプロペシアで副作用が強くでる人は、フィンペシアでも副作用がでる可能性が高いかと思います。

 

初期脱毛にも違いはあるの?

初期脱毛とは「プロペシア」や「ミノキシジル」といった「発毛」が、科学的にも認められている成分を使用した商品を開始した後に「脱毛が急激に増える(髪の毛が抜けやすくなる)」症状を指しています。

初期脱毛が起こる理由としては、ヘアサイクルを正常に戻すために、今生えている髪(成長が止まってしまっている休止期の髪)が いちど「抜ける必要がある」ためと言われています。

 

たなかさん
髪を生やすために、毛が今よりも抜けるの?!

 

一時的にですけど、脱毛する量は多くなる事が考えられます。
みるちゃん

 

髪の毛には、太くたくましく育つ「成長期」と、成長が止まる「退行期」「休止期」があり、これが いわゆる「ヘアサイクル(毛周期)」と呼ばるものになります。

成長期が短くなり、細い髪の毛が増えて、地肌が目立ってしまう状態が「薄毛」です。

フィナステリドを服用することによって、細い髪の毛がいちど抜け、次の世代の太く育つ髪の毛を生やすためには、初期脱毛は自然なステップとも言われています。

※場合によっては初期脱毛が見られない(目立たない、気づかない)こともあります

 

ネットの声を参考にしてみても、プロペシア、フィンペシア、ともに初期脱毛は見られやすいようですね。

ただ「ミノキシジル」と比べると若干ですが 声が少ない印象もありますが、あくまでも個人の感想なので、基本的には 初期脱毛は見られやすい傾向にあります。

 

プロペシアとフィンペシアの価格の違いは?

フィンペシアはプロペシアの「ジェネリック」になるので、成分や効果に大きな違いはなくとも「価格」は当然 大きく異なります。

とくにクリニックで処方されるプロペシアとは、価格にかなりの差があります。

 

プロペシアを病院やAGAクリニックで処方してもらうと、診察料を含め1ヶ月分で「約10,000円」近くすることもありますが…

フィンペシアを個人輸入で通販した場合、同じ1ヶ月分で「1,000円以下」で購入できてしまいます。

これ 1年間で計算すると「10万円ほど」の差額になる場合もありますよね。

※1錠あたりでもプロペシアが「250円ほど」に対し、フィンペシアは「25〜30円ほど」約10倍の差

 

ジェネリックであることや、購入方法が個人輸入しかない、という面もありますが、単純に価格だけを比較するのであれば、フィンペシアの方が圧倒的に安い事がわかります。

また、同じプロペシアでも「個人輸入」で購入できる海外製の商品を選択すれば、病院(処方)で購入するよりは安いので「やっぱりプロペシアが良い」という方も、通販を検討してみてもいいかもしれませんね。

プロペシアとフィンペシアの値段については以下のページを参考にしてくださいね。

※現在記事を修正しています

 

\ メーカー純正・成分鑑定済み /

フィンペシアの販売サイトはこちら

-フィンペシアのまとめ
-,

Copyright© みるメモ:個人輸入代行サイトの育毛・発毛メモ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.